全国の、ルー・ルカを応援します 362987.jpg

2013年07月08日

おねがい!(ここだけでも読んでほしい)ZZファンの方、力をわけてください!

にほんブログ村 アニメブログ ガンダムシリーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村








私のメインブログです。よろしければご覧ください!→「らす★りぞ FFXI&イラスト」









スクリーンショット (67).jpg



ZZを観るにあたって <お願いがあります>


それは、

前半によくあるギャグテイスト部分には目をつむって、


物語の本質を観てほしいのです。





というところです。


正直、今観ると、少し寒いです。
当然です、
今の若い人が、8時だよ全員集合やひょうきん族を観ても大笑いしません。
でも当時はそれが最先端だったんです。


スクリーンショット (17).jpg


観ていて、腹がたつ、というガンダムファンもいるでしょう。
そりゃあ、そうです。
「ゴルゴ13」が、ある日突然、人気が下がったからと言って、
「シティーハンター」のような話になったら、違和感ありますよね。


なぜ、ここまで、ガラリと作風を変えてしまったのか?
それは、当時のガンダムが「人気が下がっていた」からです。
それ以外に理由はありません。
今でこそ、若い人に作品扱いされている「Zガンダム」にも要因はあります。

実際、初代の再放送は視聴率が20%を超え、映画も大ヒット。
街中、どこを探しても、ガンプラは売ってませんでした(それもかなり長い期間)。

それが「Z」になると視聴率10%を超えるときはあっても、平均で6%程度です。
放映当時でも、プラモデルは、おもちゃ屋に山積みでした。

「Z」は新しいファン層も作りましたが、それ以上に旧作のファンが脱落していったんです。
私の印象では、「サイコガンダム」が出てきたあたりが、ピークだったと思います。


そのため、「ZZ」は、
わざわざ入れなくてもいいような、ギャグシーンや、
まるで従来の子供向けロボット番組の演出をあえて、無理矢理入れ込み、
わざと、ハラハラな展開にしたり、わかりやすい演出にしてあります。
初代を知らない世代もファンに取り込もうとしていたわけです。
確かに「Z」は、難解すぎました。



「あえて言おう」


「ZZ」は、雰囲気的には、「戦闘メカザブングル」ですよね。
ザブングルは、「ギャグアニメ作品」だ。
そういう風に思って観てたからこそ、何も違和感はなかったと思うんです。

例えば、音楽にも、原曲があって、
その原曲をもとにアレンジして、ロックバージョンや、バラードバージョン、
というものがあります。


「ZZ」は、「ZZ」という物語が実際、事実として存在するが、
我々がテレビで観たものは、その「ギャグバージョン」を観せられたんだ
って考えるのはどうでしょうか。



(例)ブライトと、エマリーも、多少の浮気心はあったかもしれないが、
テレビ版は、それをあえて面白おかしくお見せしました、っていう演出にした。



そういえば、「超時空要塞マクロス」も、そういう設定ですよね。
(ウィキ抜粋)
マクロスシリーズ中の位置付け
映画予告編のナレーションでは「主演、リン・ミンメイ」「早瀬未沙、ゆれる女心を演じます」などアニメ世界内の映画(劇中劇)を思わせる演出がなされている。1990年代以降に製作された『マクロス7』などの続編作品内では、『愛・おぼえていますか』は「ゼントラーディ軍との第一次星間大戦(2009年 - 2010年)の戦勝20周年を記念して、2031年に公開された歴史映画」と位置付けられるようになった。これとは別に『超時空要塞マクロス』はシリーズドラマとしてテレビ放送されたもの[17]で、演出により描き方は異なるものの、両作品とも史実を題材にした物語であると説明されている。

img_1194705_36841243_1.jpg




みなさんに再度、お願いしたい。
そう言った、当時の状況もひとつ、考慮に入れていただいて、
脳内で、削除・保管しつつ、
偏見を持たず、
物語の本質(アーガマの戦記、少年たちの心の成長、強化人間・戦争の悲劇)
を観てあげてほしい。

ZZは、トミノ監督が少し投げっぱなしにしている(インタビューでも言っていた)ため、
脚本家さんたちが、なんとか物語にしようと、
丁寧に話を作り上げているところが多いんです。

t02200171_0270021012524149963.jpg


前半は、ふざけたノリですが、
後半(OPが変わったあたりから)になると、ガラッと変わります。
この変化は、従来のガンダムに匹敵するシリアスさです
(かと言って、ジュドーたちの性格も相まって、スゴイ暗い話でもない)
今まで、いるだけだったキャラクターたちが、見事に物語を回し始めます。
そして最終回までの盛り上がりは、私は初代に匹敵すると思っております。
特に、グレミー・トト。
彼は、前半のおちゃらけたシーンがあったからこそ、
後半とても怖い存在になります。
プルも、キャラ・スーンもマシュマーも。
見事なまでに、物語を盛り上げていきます。
こうなってくると、むしろ、前半がおちゃらけていたからこそ、
後半が生きているようにもみえなくもない、不思議な感覚です。

0013.jpg


この事実を知らないまま、
前半のおちゃらけ部分を観て、「ZZ」を見限った方はもったいないです!

何度もいいますが、

ぜひ、物語の本質の部分を観てあげてください!




長文になり、大変失礼しました。
全国のZZの好きな方、助けてください!
ご意見、ご感想が唯一の励みです。
もしかして、ZZを好きなのは自分だけなんじゃないか…
一人では心、折れそうです。


0967778959.jpg



2013年 7月 てざん 




お買いものに困ったら、こちらのサイトがおススメ→「やっぱ〇〇でしょ!」

やっす!中古なら1000円しない!















あみあみ フィギュア特集


posted by へい!じゅどー at 10:37| Comment(2) | TrackBack(0) | はじめに。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

はじめまして(2) ぶっちゃけ! 

にほんブログ村 アニメブログ ガンダムシリーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村








私のメインブログです。よろしければご覧ください!→「らす★りぞ FFXI&イラスト」






〇ぶっちゃけ


まあ、むずかしいことは抜きで!

簡単に言うと、

「毎回、毎回、エピソードがてんこもりで、楽しい、面白い!」

が、ZZの魅力です!

続きものですが、一話完結のようなスタイルなので、

30分の中に起承転結があって、楽しいんですよね!

しかも、けっこう続きが気になるんですよ。どうなんのかなあって。



トミノ監督の放棄っぷりと、

ガンダムを作りたい!という若いスタッフの調合がうまくいったんじゃないでしょうか。

初代ガンダムも、トミノ監督のシビアな面と、脚本家星山さんらの優しさが、

うまくブレンドした結果なんですよ。

「Z」なんかは、完全にトミノ監督の小説の世界ですよね(小説も読みましたが)。






〇ユニコーン

すいません、私、「UC」はまだ2巻までしか観てません;;

最近、「UC」などで、マリーダが出てきたりで、

ZZに興味を持った方、おられるんじゃないですか?

ミネバ11.jpg

gundam005.jpg




「UC」の作者、福井 晴敏先生も、

ガンダムエースの記事で、「ZZは面白い」と言っていました。


(ちなみに関係ないけどGACKTさんも)

きちんと作れば、映画化も出来る、とおっしゃっていました。
(すみません、インタビュー記事をのせたいのですが手元にない…どなたか、うpを…)


この言葉が、このブログを作った要因の一つでもあります。

UCは明らかに、ZZを無視した話ではありません。



UCの前に逆シャアがあり、ZZが存在した世界なのです!





ぜひ、

UCから興味を持った方、以前観るのをやめた方、全く観たこともない方、

ガンダムZZを再確認していただきたい。

私も、みなさんが興味を持てるような記事を書いていきたいと思っております。

食わずギライはもったいないですよー!








機動戦士ガンダムZZサンライズ公式ホームページ









〇ガンダムZZ ウィキ

ZZについてのウィキはコチラ




(一部ウィキ抜粋)

『機動戦士ガンダムΖΖ』(きどうせんしガンダムダブルゼータ、MOBILE SUIT GUNDAM ΖΖ)は、サンライズ制作のテレビアニメ。『機動戦士Ζガンダム』の直接の続編として作られた「ガンダムシリーズ」の一つ。略称は「ΖΖ(ダブルゼータ)」。1986年(昭和61年)3月1日から1987年(昭和62年)1月31日まで、名古屋テレビを制作局として、テレビ朝日系で毎週土曜日17:30 ‐18:00(JST)に全47話が放送された。平均視聴率は6.02%。


概要[編集]

ガンダムシリーズの第3作であり、『機動戦士Ζガンダム』の直接的な続編として第一次ネオ・ジオン抗争を描いた作品である。エゥーゴ側のモビルスーツは前作からの引き続いた物が多く、前作の主人公カミーユ・ビダンが搭乗したガンダムMk-IIとΖガンダムもエゥーゴの主力として活躍した。
本放映前の番宣キャッチフレーズは「子供はみんなニュータイプ! 見せてやろうじゃないの! 大人たちにさ!」。
制作[編集]

放送期間中にアニメ映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の制作が決まったため、物語の後半で予定されていたシャア・アズナブルの登場が見送られ、映画に向けての伏線を張るだけに留められた。なお、富野による本作の企画書に書かれていた一年間の大まかなあらすじによれば、アムロやベルトーチカの登場も予定されていた[2]。
デザイン[編集]
前作のΖガンダム同様、モビルスーツ (MS) のデザインは難航した。当初は、前作にも参加した永野護が担当する予定だったが、監督・富野の「ロボットアニメの原点に戻った、明快な作品にする」という意図を受けたそのデザインは、ユニークではあるがあまりにも従来のMSとはかけ離れ、怪獣や宇宙人を彷彿とさせる突飛なものまで存在した。なお、出渕裕のデザインで登場するハンマ・ハンマは、ハマーンをモチーフにしたMSというのが当初の設定で、永野による準備稿はハマーンの髪型そのままを再現したようなデザインだった。
また、主役機ΖΖガンダムも、永野案では合体変形機構が模型で再現不可能なことが問題となった。何度かのデザイン修正が行われたものの、結局スポンサーサイドの納得いくものとはならず、永野は1985年12月末にメカデザイナーを降板することとなる[3]。なお、この永野版ΖΖのラフデザインは、当時バンダイから発売された小冊子「模型情報」で、仮デザインとして発表されているほか、『月刊ニュータイプ』に1986年3月号にも掲載されている。
放映までほとんど時間が無い中、ネオ・ジオン軍MSのデザインは出渕裕に再発注され、ΖΖガンダムのデザインは玩具デザイン会社「TTブレイン」の案を元に複数のデザイナーに発注した中から小林誠の案を元とすることとなった[4]。小林は前作でバウンド・ドックやガザCといった可変モビルスーツをデザインしたことのある実績と、モデラーの経験を見込まれ、模型で再現可能な合体変形機構の修正を行うことを要請された。
締切まで2週間強という強行スケジュールだったが、コンセプトを「Gアーマーに変形・合体する最強のガンダム」とし、最強を示す記号として頭部にハイメガ粒子砲を装備したデザインがまとめられた。小林はΖガンダムの「わかる人はわかる」デザインが理解されなかったため、ΖΖガンダムを「対子供用」ガンダムにしようとした、とのこと[5]。講談社『機動戦士ガンダム大全集』に掲載されていた、ΖΖガンダムのラフ案の中に、波動砲を装備したΖΖガンダムとして、決定稿となったデザインに近いものが掲載されている。
小林の案では曲面的なデザインだったが、当時の技術では商品化するのが難しかったので直線的にリファインされ、最終的に伸童舎の岡本英郎、明貴美加によってクリンナップされた。ただし、バンダイ「模型情報」によると、クリンナップしたのは北爪宏幸であるとされている。そして北爪のクリンナップ校了がプラモデルの設計開始に間に合わず、プラモデル「1/144 ΖΖガンダム」の胸部形状が設定と異なった、ともされている。クリンナップ第1稿ではGフォートレスに機首が無く、小林の希望で急遽ダブルビームライフルの後端に機首が追加設定されている。
出渕はスケジュールの都合でデザイン原案のみの担当となっており、自身の手でクリンナップしたのはバウおよびガルスJの頭部稿のみである。他のデザインのクリンナップはΖΖガンダム同様、岡本や明貴が行っている。番組中盤以降は、明貴がほぼ全てのデザインを担当し、モデラーの小田雅弘や佐山義則、模型雑誌「モデルグラフィックス」の編集スタッフも協力している。
本作では、エゥーゴMSはツインアイとゴーグルアイ、ネオ・ジオン軍MSがモノアイタイプと明確に分けられた。その影響により、メタスが序盤で退場となり、リック・ディアスの強化型であるシュツルム・ディアスがネオ・ジオン軍MSとして登場することになった。
本作では旧作に登場したMSのデザインをリファインし別の機体としたものを登場させた。また、『機動戦士ガンダム』に登場、あるいは同作品には登場しなかったものの設定のみ存在したMSも登場した。

物語[編集]

この節にあるあらすじは作品内容に比してきわめて不十分です。あらすじの書き方を参考にして、物語全体の流れが理解できるように加筆を行ってください。(2013年3月) (使い方)
宇宙世紀0088年、グリプス戦役で地球連邦軍が創設したエリート部隊「ティターンズ」は事実上壊滅した。しかし、エゥーゴも大半のパイロットが戦死し、有力な指揮官のクワトロ・バジーナ大尉は行方不明となり、エースパイロットのカミーユ・ビダンも精神崩壊を起こしてしまい、戦力不足に悩まされていた。そんな中、三つ巴の決戦から一時手を引き、高みの見物をしていたハマーン・カーン率いるジオン公国残党組織アクシズはネオ・ジオンと名を変え、地球圏の制覇に乗り出す。
グリプス戦役で傷ついたエゥーゴの戦艦アーガマは、サイド1のシャングリラに寄港した。そこでジャンク屋稼業をしている主人公ジュドー・アーシタとその仲間たちは、前大戦で活躍した英雄Ζガンダムを奪って一儲けしようと企んだことから、アーガマと関わり合いをもち、エゥーゴの一員としてネオ・ジオンと戦うことになる。
ひょんなことからZガンダムに搭乗することになったジュドーは、仲間たちとともにガンダム・チームを結成し、チーム一のエースパイロットとして勇敢に戦っていく。その途中、彼は乗機をZからエゥーゴの最新鋭MSΖΖガンダムに乗り換え、同じ頃に修理を終え改めて配備されたガンダムMk-II・百式とともに絶えず襲い掛かる新型MSを次々と撃破していったのだった。
ジュドーは、グリプス戦役の英雄カミーユやネオ・ジオンのニュータイプ少女エルピー・プルらとの出会いにより、ニュータイプとして覚醒していく。

お買いものに困ったら、こちらのサイトがおススメ→「やっぱ〇〇でしょ!」

やっす!中古なら1000円しない!















あみあみ フィギュア特集




posted by へい!じゅどー at 07:38| Comment(0) | はじめに。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめまして(1)ZZについて

にほんブログ村 アニメブログ ガンダムシリーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村








私のメインブログです。よろしければご覧ください!→「らす★りぞ FFXI&イラスト」





〇はじめまして(ブログ管理人について)



映画館で「機動戦士ガンダムII 哀 戦士」を観た頃からの

ガンダムファンです。

とは言っても、マニアではなく、

宇宙世紀の年表やら、モビルスーツの系譜などは詳しくありません。

ただ、「ドラマ」として、ガンダム作品を観ているため、

ストーリーやキャラクターへの思い入れだけはある!

と思っております(;´Д`)


img_396646_45422077_0.jpg
この色違いのガンダムに、当時の小学生がどれほど衝撃を受けたことだろう。


img_1804831_65527619_2.jpg
映画館で大泣きしてしまった「カイとミハル」のエピソード。
ガンダムの、こういう人間ドラマの部分が好きです。




〇ZZについて

あまりにも、否定的な意見の多いガンダムZZ。

私も、放送当時は一度しか観ませんでした。

(と、いうより「Z」の時点で挫折した)

大人になってレンタルで観なおしてみました。

ちょうどそのころは、

「V」「G」「W」「SEED」など、

少々、ガンダムもお腹いっぱいで、

でも他に、何かないかな?程度で、借りてみたんです。

t02200171_0270021012524149963.jpg頼れる男、ジュドー・アーシタ。





大人視点で、観てみると、

例えば、おちゃらけた部分やガンダム世界に似合わない部分などは、

当時のバンダイ、サンライズ、トミノ監督らの状況を考えると、

「やむを得ないかな」と、目をつむって観ることが出来たんです。

いらない部分に目をつむると、

意外とZZは、筋の通った人間ドラマになっていることに気づきました。

特にキャラクターひとりひとりの性格づけ、行動心理がハッキリしている。

「Zガンダム」では、ただのモブキャラだった人間も、キチンとキャラが立って、

物語では、外せないキャラクターになっていたり(トーマスやアストナージなど)

物語が進むにつれ、主人公たちが、明らかに成長している描写は、

初代ガンダムのホワイトベースのクルーに近い感覚があります。

パッと出てパッと消えた「Z」のロザミィやフォウ以上に、強化人間としての

悲劇性をもったエルピー・プルの存在も大きいです。

images.jpg
(2)へつづく



お買いものに困ったら、こちらのサイトがおススメ→「やっぱ〇〇でしょ!」

やっす!中古なら1000円しない!















あみあみ フィギュア特集


posted by へい!じゅどー at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。