全国の、ルー・ルカを応援します 362987.jpg

2013年07月09日

第4話 熱血のマシュマー いいひと、マシュマー

にほんブログ村 アニメブログ ガンダムシリーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村








私のメインブログです。よろしければご覧ください!→「らす★りぞ FFXI&イラスト」






※とりあえず、改めて、
ZZを一話ずつ(気長に)視聴していきます。
簡単な解説・レビューだと思って読んでください。
思いついたら追記もしていきます。
思い入れのある話など、ご意見、ご感想などおよせください。





 


第一話の記事は→こちら
第二話の記事は→こちら
第三話の記事は→こちら




第4話 熱血のマシュマー

スクリーンショット (68).png


まあ、ぶっちゃけますと、今回は完全に”つなぎ”の話です。

簡単に言うと、

ジュドーたちが懲りずにZガンダムを盗みに行く

マシュマーがアーガマを襲う

ジュドーが成り行きで、Zに乗り、マシュマーを倒す

お約束パターンなので、ガンダムをあまり知らない人でも楽しめます。

読切り感覚で観てください。

特に重要な展開はほとんどないです。

しかし、

全くみどころが無い!というわけではないので、

サラッと紹介します。



今回はマシュマーが主役といっていいでしょう。
スクリーンショット (69).png
マシュマーは、サイド1内部の視察に出る。
それは、ハマーンの命令でもあった。


スクリーンショット (71).png
マシュマーの回想ハマーン。
「マシュマー。庶民の暮らしぶりを見るのも大切なことだ」
「マシュマー。古いコロニーは政治も腐敗している」
「子供たちはその被害者だ。我々が正さねばならん」

言ってることは正論だけど…あなたが言うと…いえ、なんでもないです。

ちなみに今回は若干、作画が荒れているのだが、
ハマーンだけは、丁寧に描きこんである。
たぶん、安彦さんのハマーンを忠実に描いたのだろう。


スクリーンショット (72).png
ウットリするマシュマー。
不覚にも私はここで笑ってしまいました。


ゴットン副官は、サイド1の病院を盾(人質)にして、
アーガマをおびき出す作戦を考えるが…
スクリーンショット (76).png
マシュマーは、そんな汚い作戦を却下する。
「騎士道精神に反する!」
なんとここで、マシュマーはカミーユと偶然、出会っています!


スクリーンショット (77).png
いつものワルガキ軍団(笑) 結構、好きなシーン。

エルの情報の間違いで、アーガマをみつけられない。
エルはビーチャに頭ごなしに怒られる。
そこで、さりげなくジュドーが、「探せばいーんだよ」と言う。
それを聞いて、エルが「はっ」と一瞬ジュドーを見る。

たぶん、エルは、このジュドーの言葉に助けられたでしょうね。
さすが、ジュドー。リーダーの資質、充分です。惚れるわなあ。


スクリーンショット (80).png
と、偶然、ジュドーたちはマシュマーたちと居合わせる。
都合が良すぎますが、話としてはおもしろい。
なんと、ジュドーは、「ガルス・J」までも盗もうとする(笑)
上の写真は偶然、DVDを一時停止したら録れたもの。吹いた。


「ガルス・J」を強奪出来なかったジュドー(おいおい…)は、
アーガマに潜入するが、そこでお約束のマシュマーが現れ、
やはりジュドーがZガンダムで出撃するハメに。
スクリーンショット (83).png
病院人質作戦が却下されたため、ゴットンは「落とし穴作戦」を実行していた(笑)
しかし、まんまとジュドーはその作戦に引っかかる。
しかし、ただでは起きないジュドー。マシュマーを道連れにする。


スクリーンショット (84).png
落とし穴から、コロニー外に出てしまうジュドー、初の宇宙戦!


スクリーンショット (85).png
遠心力を利用した、ゼータキック <みどころ!>
ジュドーはゼータの能力を、結構引き出してるんじゃないか?


スクリーンショット (87).png
またしても、アーガマ討伐に失敗したマシュマー。
「邪念が敗北を生んだのだ。」
「必ず、アーガマを倒し、このコロニーに平和をもたらす」
この人、やっぱ悪い人じゃないんだよなぁ…。




おまけ:今回のベストショット
スクリーンショット (74).png
ウホッ
今回はエロいのがなかった。申し訳ない。
しかし、ジュドーの裸を見て照れるエルが、何気にかわいい。





〇劇場版にするなら

前述したように、

今回は、完全につなぎの話だ。

第3話と、ほとんど話が被っているため、必要がない話かもしれない。

つなぎの話なだけに、ふざけすぎたシーンが多い。

慣れれば、楽しいのだが、やはり初見の方にはキツい。



しかし、わかってほしい。

初代ガンダムを知らない世代も、なんとか取り込もうとしていたため、

「事件が起きた。怪獣が出てきた。ウルトラマンが出て倒した」

という、王道パターンで、子供たちにもわかるように、わざとしてあるのだ。

スタッフも苦肉の作業だったに違いない。




しかし、この、

マシュマーの、ハマーンに対する忠誠心の深さは、

劇場版でもしっかり印象づける必要はあるだろう。

ぶっちゃけ、彼は、ハマーンに利用されている。

その悲劇性は描くべきだと思う。

みなさんはどう思われますか?



お買いものに困ったら、こちらのサイトがおススメ→「やっぱ〇〇でしょ!」

やっす!中古なら1000円しない!















あみあみ フィギュア特集




posted by へい!じゅどー at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ZZを最初から観てみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368712496

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。