全国の、ルー・ルカを応援します 362987.jpg

2013年07月07日

第3話 エンドラの騎士を観てみる MS格闘戦!&ちょいエロハマーン

にほんブログ村 アニメブログ ガンダムシリーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村








私のメインブログです。よろしければご覧ください!→「らす★りぞ FFXI&イラスト」









※とりあえず、改めて、
ZZを一話ずつ(気長に)視聴していきます。
簡単な解説・レビューだと思って読んでください。
思いついたら追記もしていきます。
思い入れのある話など、ご意見、ご感想などおよせください。







第一話の記事は→こちら
第二話の記事は→こちら




第3話
エンドラの騎士のみどころ

スクリーンショット (25).jpg

サイド1、シャングリラに近づく、アクシズの戦艦、エンドラ。
シャングリラには、修理のためにアーガマが入港している。
さあ、どうなる?
スクリーンショット (28).jpg


エンドラは、政治家に金塊を渡し、入港を要求する。
俗に言う、「汚い大人たち」
ss.png


自称「アーガマのファン」が、ブライトに情報をリークする。
エンドラと鉢合わせしないように、コロニー内に隠れる作戦をとる。
スクリーンショット (27).jpg



そこに、我らがヒーロー・ジュドーが登場!


懲りずに、Zガンダムを盗みにやってくる!
スクリーンショット (32).jpg
ここは、個人的に重要な兄妹ゲンカシーン。

「おにいちゃん、もう悪いことはやめて!」
「元手のかからない仕事は鉄くず拾いしかない!お前をいい学校に入れたいんだ」
「仕事ならベビーシッターでもなんでもあるでしょ!私も働く!」

リィナのまじめな性格(涙)と、ジュドーの、妹を思う性格が良く出ている。


スクリーンショット (33).jpg
イーノ(画面左)曰く、Zはただ、借りるだけのつもりらしい。
暗くなりがちなガンダムに、この二人は、今後もいい味を出してくれる。





一方、エンドラでは…。
スクリーンショット (30).png
エンドラ指揮官、「マシュマー」

ハマーンから頂いたバラを、わざわざコーティングし、
大事にしている。

ここはいわゆる、ガンダムファンが嫌うギャグシーン。
しかし、何度も言うように、
製作側が、今までと違った展開をさせたいがために、
無理矢理、ギャグテイストにしているだけなので、
少し、目をつむっていただきたい。

本質は、マ・クベの「壺」とキシリアへの忠誠と、同じようなものである。


マシュマーが回想する、ハマーン。<みどころ!>
スクリーンショット (34).jpg
わざとだと思うが、
やけにハマーンが色っぽく描かれている(マシュマーの回想だから)


スクリーンショット (36).jpg
声優さんもちょっと低めの声。ぶっちゃけエロい。

ちなみに、余談だが、
ハマーンとマシュマーは、学生の頃、ゲーセンで
MS格闘ゲームで対戦している(ガンダムエースより)。
ちなみにハマーンの圧勝。


スクリーンショット (37).jpg
酔いしれるマシュマーを突っ込む、副官のゴットン。
彼は、ネオジオンの中間管理職、として、今後も意外と活躍する。


アーガマの存在を知ったマシュマーは、自ら、偵察へ向かう。
スクリーンショット (38).jpg
「ガルス・J、出るっ」




そのころ、

ジュドーは、たった一人でアーガマに潜入。
みよ、このバイタリティー。
まあ、ちょっとヒーロー補正すぎるところもあるが。
スクリーンショット (41).jpg


と、実は、ブライトはわかっていた。
あえて、ジュドーを泳がしていたのだ!
スクリーンショット (42).jpg


そして、彼の脳裏にうかんだものとは…、<みどころ>


アムロ!
スクリーンショット (43).jpg


カミーユ!歴戦の若い勇者たち。
スクリーンショット (44).jpg
ガンダムファンなら、「うおー!」となるシーンだろう。


スクリーンショット (45).jpg
ジュドーは、船内でハロにみつかってしまう。


スクリーンショット (48).jpg
しかし、なぜかそれを、シンタとクムが助ける。
人懐っこいお兄さんのジュドーを気に入ったからだろう。
わかる気がする。


しかし、そこにマシュマーが攻撃を仕掛けてくる!
ファがメタスで出るが、やはり対応出来ない。
ジュドーは成り行きで、再度ゼータに乗る!
ブライトは、ジュドーに全てを託す。


いいね!この展開!ワクワクする!


スクリーンショット (50).png
「わが名はマシュマー!エンドラの指揮官だ」
彼は、闘いの前に、必ず名を名乗る、騎士道精神の持ち主だった。

それに対するジュドーの有名なセリフ
「俺はジュドー!ジュドー・アーシタ!…学校はズルけてる!」

なんかいいですよね、こういうの。


ZガンダムVSガルス・J のバトル <みどころ>
スクリーンショット (53).jpg
スクリーンショット (56).png
「Z」のころは、
ビームライフルでピキュンピキュン撃つだけだったゼータガンダムが、
非常に軽快に動き回るバトルシーンは必見!
スクリーンショット (59).jpg
なぜなら、ジュドーはビームサーベルの使い方がわからなかったから!
う、うん、まあ、物語としてはいいエッセンスだろう。
モビルスーツの格闘戦が観られます。
スクリーンショット (61).jpg
スクリーンショット (62).png


個人的なみどころ
スクリーンショット (49).jpg
「ゼータからおりなさいっ!」というリィナ。
ちなみにエマさんとリィナは、同じ声優さんなので、
どうしてもエマさんに聞こえる。これはオマージュなの?


スクリーンショット (64).png
アーガマのクルーは、ジュドーをすんなり許す。
シンタとクムも嬉しそうだ。

ファも、彼がいずれ仲間になることを期待する。
そりゃ、そうだよね、
今のアーガマには、ファしかパイロットがいないんだもの。


スクリーンショット (67).jpg
「おにいちゃんのばかっ!もう知らないっ」
「まあまあ、おこるなよ、リィナ〜」
今回は、キテレツ大百科の終わり方のように終わる。
本当にこの二人を観ていると微笑ましく思える。


おまけ:今回のベストショット
スクリーンショット (66).jpg


と、まあ、こんな感じ。

キャラクターがよく動きまわり、飽きさせない。

また、変化する心理描写もキチンと描いている。

興味を持った方は、レンタルでもいいのでご覧になって頂ければ嬉しい。





〇劇場版にするなら


どうしても、ギャグシーンが敬遠されやすいが、

前述のように、

マシュマーのハマーンに対する、異常なまでの忠誠心という設定は

キャラの性格付け、としては、あっていいと思う。しかし、

ギャグにはせずに、マ・クベ程度の表現に抑える必要はあるだろう。

また、

ジュドーが、「Zガンダムを盗む」、という行為も、

ガンダム作品カラーで言うと、ちょっとリアリティーがない。

そこで、

ジュドーたちは、最初はジャンクなどを盗みに行こうとするが、

リィナに説得されて、

じゃあ、「まじめに」なにか仕事をもらおうと、アーガマに潜入(ミハルのように)。

ここで、リィナやビーチャら、全員が潜入すれば、今後の話の展開も

早くなりそうだ。

みなさんは、どう思われますか?







お買いものに困ったら、こちらのサイトがおススメ→「やっぱ〇〇でしょ!」

やっす!中古なら1000円しない!















あみあみ フィギュア特集




posted by へい!じゅどー at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ZZを最初から観てみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。