全国の、ルー・ルカを応援します 362987.jpg

2013年07月04日

ジュドー・アーシタ


にほんブログ村 アニメブログ ガンダムシリーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村








私のメインブログです。よろしければご覧ください!→「らす★りぞ FFXI&イラスト」







ハマーンが恐れた男。ハマーンが魅かれた男。そして、ハマーンを倒した男。
ジュドー・アーシタ



2452620i.jpg



ウィキより抜粋)
宇宙世紀0088年初頭、ジュドー・アーシタはサイド1のスペースコロニー「シャングリラ」にて暮らしていた。同コロニーの福利厚生政策はお世辞にも充実していたとは言えず、また彼の両親は出稼ぎに出たまま不在の状態であった。このため、ジュドーは学校にはあまり通わず、生活費の捻出と妹のリィナ・アーシタを「山の手の学校」へと通わせるため、仲間達と共にジャンク屋稼業に精を出していた。

10126247892_s.jpg
1f9dfcd5.jpg

名前の由来は山下泰裕(「柔道の山下」)から。またビートルズの『ヘイ・ジュード』にも由来している(脚本家の鈴木裕美子が放送当時、アニメ雑誌のΖΖ特集に寄せた文で明かしている)。愛用ノーマルスーツの色が白地に赤ラインという「日の丸カラー」なのも山下の影響かと勘ぐる声もあるが、これは先代主人公カミーユが白地に青ラインだったため、その対照色とされただけである。

ジュドーを演じた矢尾は、ジュドー役と『超獣機神ダンクーガ』の藤原忍役で人気声優となる。しかし矢尾は、「当時駆け出しだった自分はジュドーと忍の演じ分けがちゃんと出来なかったため、苦い思い出でもある」と言う。また、矢尾はジュドーを暗い性格だと思いこんでおり、共演者たちから「それは違う」と指摘されたとのこと。カミーユ・ビダン役のオーディションで落選していたが、ジュドー役は最終的にはオーディションなしで決定したとの証言している。

『ΖΖ』のメイン脚本を担当した鈴木裕美子は、「ジュドーのニュータイプとしての能力はアムロやカミーユに劣るが、自然に力を身につけることができ、その大地に根ざした能力こそが、それまでのニュータイプが持っていなかった力。その力をハマーンは恐れた」と述べている[5]。
ジュドーはガンダムシリーズで初めて女装した主人公でもあり、第40話でルーたちを救出するためにイーノ・アッバーブと共に潜入のため女装した。ちなみに女装の質はひどいものだったらしい。なお、同シリーズでは他にも女装したキャラクターは存在し、『∀ガンダム』のロラン・セアックや『機動戦士ガンダム00』のティエリア・アーデがいる。


o0450033812403713002.jpg

 『ZZ』では総監督として携わった富野由悠季は、本放送直後のBクラブに掲載されたインタビューで「ジュドーはもう1作主役を張れるほどバイタリティのあるキャラクター。是非もう1作、ジュドーを主人公にした作品を作りたい」という旨の発言をしている。

353650.jpg




私のジュドー評

アムロという、内向的な主人公という設定のキャラが受け、

それを、パワーアップさせたのがカミーユだとしたら、

3作目のジュドーは、こういう性格設定にするしかなかったと思われる。

しかし、もともと、トミノ監督は、

「ザブングル」の主人公ジロンや、「ダイターン3」波乱万丈などの、

「ヒーロー的な主人公」も作れるお方だ。

「未来少年コナン」なども意識していたらしい(「V」のウッソなど)。



しかし、

放送当時、すでに固定観念に縛られつつあったガンダムワールドでは、

彼のバイタリティや、容姿(マイコー・ジャクソンのようなファッションなど)

に拒否反応が出ていた。

「子供がおもちゃで遊ぶように、MSを動かして敵を倒す」様に見える、

という意見も多かった。

しかし、ZZは、表現がギャグテイストだからゆえに、軽く見えてしまう

だけなのであって、

実はアムロだって、やってることは変わりないのである。
(15歳の子供がガンダムを操縦し敵を倒す)

彼の軽い口調は、誤解を招きそうだが、ヒーローらしい度量の大きさの証でもある。




また、前半よく、妹を救出するために勝手な行動をしたり、直情的になったりしたことも、

彼のマイナスイメージとなってしまった要因だろう。

agpiZWViZWUyc2VlchULEgxJbWFnZUFuZFRleHQY1qPMBgw.jpg


前半のジュドーの軽率な行動うんぬんは、まだストーリーが全て固まっていない

段階の、話を引っ張るためのお約束として利用されていた可能性が高い。

そもそも、出だしから、彼にはネオジオンと戦う理由がなかったのである。

なので、戦わせるために、リィナ救出というダシを与えられ、無理矢理

ストーリーに絡ませていた…と推測するがいかかだろうか。




しかし、

泳がせていたジュドーが、うまいこと流れに乗るのが、中盤から。

エルピーとの出会い、そしてハマーンとの出会いからである。

純粋に動き回るジュドーに対して、それを恐れるハマーン、という

構図が出来上がってきたあたりから、ジュドーのぶれていた性格も

真っ直ぐになる。



彼は、現代社会では、かなり「デキル」タイプだろう。

自分からはリーダーにならなくとも、周りがついていくタイプだ。

後半の、彼の行動力は目を見張るものがある。まさにヒーロー。

似たタイプの主人公では、「マクロス7」の熱気バサラが近い。

無言実行なところが増え、しかも全体を見越した上での発言もするようになる。





後半、ともかく、彼がいなくては物語が進まない、

ピンチの時に、彼が出てくると、安心を覚える、というところまで成長。

物語で転がしていたら、自然とそうなったと言えよう。

「まさにキャラクターは生きている」。

最後までキチンと観れば、

キャラ・スーンやプル、果てはエルやルーまでが、

ジュドーを好きになってしまう事に、誰もが納得するはず。

しかし、そういう部分も、

当時のガンダムファンにとってはチャラく見えてしまったのではないだろうか。







〇劇場版 ジュドーは…

もし劇場版に出すのなら、

容姿は多少変わっても
(キャラデザインは、出来れば安彦さんにリファイン…)

この性格だけは、絶対に変えるべきではない、と思う。

この性格だからこそ、

「ZZ」の物語は動いた、と言ってもいいからだ。

アムロやカミーユのような性格なら、

結局、初代の三番煎じの話しか出来ないだろう。



ただ、あまりにも勝手な行動は、カットする必要があるだろう。
(連邦軍高官たちの前で暴れる、平気で敵の基地に潜入するなど)
ルパン三世並みの活躍をさせると、少しウソくさくなってしまう。


また、両親との関わりあいの描写が少ない。

前述の、

「ジュドーが戦う動機」として、

例えば、両親がネオジオンに囚われているなどの

設定をつけたらどうだろうか。

みなさんの意見もお聞きしたいところだ。



13359768620001.jpg



お買いものに困ったら、こちらのサイトがおススメ→「やっぱ〇〇でしょ!」

やっす!中古なら1000円しない!















あみあみ フィギュア特集




posted by へい!じゅどー at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368296968

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。