全国の、ルー・ルカを応援します 362987.jpg

2013年07月13日

第5話 ジュドーの決意






私のメインHPです。よろしければご覧ください⇒「らす★りぞ FFXI&イラスト」


※とりあえず、改めて、
ZZを一話ずつ(気長に)視聴していきます。
簡単な解説・レビューだと思って読んでください。
思いついたら追記もしていきます。
思い入れのある話など、ご意見、ご感想などおよせください。



あくまで、個人の感想です。
特に、「初代」「Z」を通して観てきて、
「ZZ」は知らない、という方に興味を持っていただきたい
という趣旨もありますので、
面白おかしく伝えることもありますがご了承ください。


 


第一話の記事は→こちら
第二話の記事は→こちら
第三話の記事は→こちら
第四話の記事は→こちら



第5話 ジュドーの決意

あくまで、ジュドーがアーガマのクルーになるまでの過程の段階。
つなぎの話にも見えるが、見どころは充分ある。

スクリーンショット (88).jpg

スクリーンショット (89).jpg
ジャンク屋のゲモンが、自作MS「ゲゼ」をもって、
マシュマーに売り込みにやって来る。
彼曰く「ネオジオンのファン」らしい。
「ZZ」好きなら忘れられない、初期の名キャラクター。
ちなみに声は劇場版ガンダムV・ドズル役などでおなじみの玄田哲章さん

スクリーンショット (91).png
きたきた。マシュマーの回想ハマーン
「マシュマーよ。コロニーの住人とは仲よくせねばならない」
う〜ん、やっぱりあなたが言うとなんだかコワイ。
マシュマーはゲモンを仲間にすることを決める。

スクリーンショット (93).jpg
スクリーンショット (94).jpg
スクリーンショット (95).jpg
<みどころ>
ハマーンを慕うマシュマーと、それを突っ込むゴットンの、
一連のコミカルシーン
硬派なガンダムファンも、そろそろ慣れてほしいな、と思う。
本当に観ていて楽しくなる。

スクリーンショット (92).jpg
一方、そのころジュドーたちは…。
ファがブライトの命を受けて、
ジュドーをパイロット候補生としてスカウトにくる。

やけに説得力のあるシンタのセリフ。
「色んなパイロットを見てきたけど、アンタ、なかなかスジがあるぜ!」

リィナからも薦められるが、ジュドーの心はまだ固まらない。

スクリーンショット (100).jpg
<みどころ>
ジュドーたちの学園生活を垣間見ることが出来る、
なかなか貴重なシーン。
宇宙世紀でも、シャングリラの学校は、
どこか昭和の香りがする(当たり前か)。

スクリーンショット (99).jpg
ジュドーを追いかけてきたシンタとクム。
楽しそうに、校庭でチョークの線引きを使って遊んでいる。
彼らも学校行きたいんだろうな…って思うとちょっと涙が出る。

スクリーンショット (102).jpg
アーガマ討伐のため、出撃するゲモンとゴットンたち。
画像は変形MS「ガザC」
どこか「メガゾーン23」のような、80年代らしいメカ描写。

スクリーンショット (106).jpg
スクリーンショット (107).jpg
シンタとクムが校庭に描いた「ZG」の文字。
それを見たゲモンが、Zガンダムからの挑戦状だと思い、
学校を襲いにくる(おいおい…)
まあ、非常に漫画的な流れだが、物語としては確かに面白い。

スクリーンショット (108).png
おそらく、「ゲゼ」を強奪しようとしていたヤザン。
このあと、お約束のようにマンホールに落ちる。
今回の出番は終了。

スクリーンショット (109).jpg
ファが、Zガンダムで出る!

スクリーンショット (110).jpg
コロニー内戦闘のため、力を加減して戦うファ。
しかし、それが仇となり「ゲゼ」に倒されそうになる!

スクリーンショット (113).jpg
しかし、ジュドーたちの作戦により、
廃棄処分のガスタンクが放り込まれた。

スクリーンショット (114).jpg
スクリーンショット (118).jpg
ピンチを脱出したファ。
ジュドーが、操縦を替わる。なんだかとっても柔らかそう。

スクリーンショット (121).jpg
見事、ジュドーが「ゲゼ」を撃退する。

実際は、Zガンダムとゲゼのボクシングなど、
みどころのある戦闘シーンが満載なのだが、
全部お見せすると、今後、ご覧になる方の楽しみを奪ってしまうので、
今回はここまでとする。
ぜひ、DVDなどを観て、楽しんでいただきたい。


アマゾン紹介⇒ダブルゼータDVD 第2巻に収録


おまけ:今回のベストショット
スクリーンショット (119).jpg






〇劇場版にするなら

非常にコミカルだった今回。
これなら、SDガンダムしか知らない子供でも、充分、最後まで
鑑賞するだろう、内容だ。
当時のスタッフの意図がよくわかる。

ただ、どうしても、つなぎな話のため、今回も急激な展開はない。
ジュドーが、マシュマーを「敵」と再認識するシーンはある。
これが今回のタイトルの意味なのだろう。

画像写真を見て、おわかりの通り、作画も高レベルで、
劇場でもそのまま使えそうなので、もったいないといえばもったいない。

名物キャラクター・ゲモンも、
「ZZ」ゆえの、他作品にはない味があるので、
時間が許せる限り出してほしいと思うが…。


中古、やっす!
ZZ・DVD第一巻







お買いものに困ったら⇒「とりあえず〇〇でしょ!」

キャラ&ホビー格安あみあみ









posted by へい!じゅどー at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ZZを最初から観てみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

リィナ・アーシタ






私のメインHPです。よろしければご覧ください⇒「らす★りぞ FFXI&イラスト」






80年代、「俺妹」的シンボル
リィナ・アーシタ

p167.png




本作の主人公であるジュドー・アーシタの妹。10歳(物語開始時。のちに11歳になる。ジュドーと再会したU.C.0089年3月15日時点で12歳)。
サイド1のスペースコロニー・シャングリラにて兄ジュドーと共に生活していたが、彼が学校に行かずにジャンク屋稼業に勤しむことをあまりよく思っていなかった。
問題児であった兄と対照的に優等生的な性格。ジュドーから溺愛されている。
rinaa-sita045054504540.jpg


images (3).jpg


ジュドーがアーガマのクルーになる際に一緒にアーガマへ乗り込むが、第12話でルー・ルカと共にコア・ベースに乗り込み[1]、交戦中のジュドーにコア・ベースを届けた後に分離したコア・ファイターから放り出され、ネオ・ジオン所属のグレミー・トトに拿捕されてしまう(グレミーは以前に出会ったルーと勘違いして保護していた)。その後はグレミーの元、レディになるための教育を受けさせられることとなる。


Leina4.gif
0013.jpg


グレミーらと共に地球へ降下し(第23話)、ダカールで社交界デビューする(第27話)。その際にニュータイプ能力の表れなのか、舞踏会に参加していた地球連邦政府の人々の醜い思念を感じ取り激しい憤りを覚える。
ジュドーの気配を感じ取り再会を果たすが、ハマーン・カーンの銃撃から兄をかばって負傷する。辛くも抜け出しジュドーと共に迎賓館の出口へ向かうが、そこではエゥーゴとネオ・ジオンの戦闘で連邦政府の出席者たちが動揺し混乱していた。
リィナは負傷していたにも関わらず憲兵に代わって出席者たちに対し毅然とした態度で会場へ戻るように促し、場の混乱を鎮める。その態度はネオ・ジオンの憲兵を感服させ、思わぬところでグレミーの教育が役立つこととなった。その後コア・ファイターの撃墜によって孤島に流れ着き、エルピー・プルに看護されるが、強化人間であるプルを信用できず、兄を守るため倒そうとする一幕もあった。
そして休んでいた小屋にMSが墜落したため、巻き込まれて死亡したと思われていた。実はセイラ・マスによって救助されており、最終話で木星へ旅立つ直前のジュドーと再会する。










私のリィナ・アーシタ評

「妹」というキーワードが、ヒロイン的役割を持ち始めたのは、

同じく80年代に登場した、あだち充先生の漫画「みゆき」から。

それまでは、主人公の足手まといだったり、モブキャラ扱いが多かった。

ダメな兄を助ける優秀な妹、という点は「みゆき」と共通している。


sdg1a0170.png


miyuki-wakamatsu.png


「ZZ」では、ジュドーが行動する要因のひとつに、この妹を溺愛して

いる、という設定が大きくある。



rg-44.jpg


それ以外は、ネオジオンに拉致されたり、プルとの対決、など、

やや漫画的な怒涛の展開があるものの、通して観ると不思議に違和感なく、

逆に彼女のそうした展開があったからこそ、

「ZZ」は物語として面白くなったと言える。

tv1269168049999.jpg



同じ、兄妹の物語として、キャスバルとアルテイシアの物語があるが、

あちらは年数が経つにつれ、憎悪の物語となってしまった。

それと対峙しながら「ZZ」を観るのも、ひとつの観方である。

img_1031291_37494178_1.jpg

20090124210633.jpg

スクリーンショット (66).jpg

スクリーンショット (86).png



中古、やっす!






お買いものに困ったら⇒「とりあえず〇〇でしょ!」

キャラ&ホビー格安あみあみ










posted by へい!じゅどー at 11:38| Comment(8) | TrackBack(0) | キャラクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

メタス プチデータ

にほんブログ村 アニメブログ ガンダムシリーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察・研究へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村








私のメインブログです。よろしければご覧ください!→「らす★りぞ FFXI&イラスト」




メタス

(ウィキより一部抜粋)
img_248991_3789205_4.jpg

エゥーゴとアナハイム・エレクトロニクス社による可変MS開発計画「Ζ計画」によって開発された機体。プロジェクトの発足時には既に地球連邦軍のアッシマーが可変モビルアーマー (TMA) として完成していたが、それに対抗するためエゥーゴはMS形態での頭頂高が20m以下というスペックを要求した。これに対しアナハイムはムーバブルフレームを採用することでわずか1年の開発期間を経た宇宙世紀0087年前半、2機のMSを完成させた。
うち1機は可変機構に欠陥が生じ、非TMSとして百式という形でロールアウトした。もう一方が初のTMSとして完成、これがメタスである。しかし、MA形態が宇宙戦を主にした戦闘機型であったため、全領域での運用を前提としたエゥーゴの要求を満たせず、当初は変形機構分析のため実験機としての位置づけに留まった。本機により得られたデータは後に完成したΖガンダムの開発に寄与している。

A5E1A5BFA5B9MAB7C1C2D6.jpg

型式番号 MSA-005
所属 エゥーゴ
建造 アナハイム・エレクトロニクス社
生産形態 試作機
全高 26.0m
頭頂高 18.1m
本体重量 27.8t
全備重量 52.4t
出力 1,640kW
推力 18,600kg×3(背部)
10,600kg×2(脚部外側)
(総推力)77,000kg
センサー
有効半径 11,300m
装甲材質 ガンダリウム合金
武装 アーム・ビームガン(出力2.0MW)×2
ビームサーベル(出力0.5MW)×6

images (2).jpg








41CQ9T9XV3L.jpg
2c14a1909fa023d992ac1210.L.jpg

(アマゾン紹介記事↑)





ラフデザインはビシャルデザイン(小林誠、掘口滋らもデザインに参加していたという説がある)、フィニッシュワークはスタジオけむ(中沢数宣のものと思われるサインが設定画に記されている)が担当。「メタス」の名前の由来は、「目が多数」から。これはもともと、モノアイを複数持つMS「クラックス」(ハンブラビの前身となるデザイン)が、本来は「メタス」としてデザインされていた名残である。クラックスのデザインは永野護によるもので、採用となったメタスのデザインに直接的な関わりはない
20130130214913ee8.jpeg
ちなみにこれは「クラックス」ではない(画像は見当たらない)。
あくまで、永野版ハンブラビ。参考に。


あみあみ フィギュア特集



おまけ
ガンキャノン・ディテクター

WS000058_convert_20120323225020.jpg
グリプス戦役時にエゥーゴの支援組織であるカラバによってメタスのムーバブルフレームを流用し開発された。系列的にメタスの改修機に属するが、砲撃態勢に変形が可能であり、カラバのリーダーの1人、ハヤト・コバヤシが一年戦争にて搭乗したRX-77-2にちなみガンキャノンの名称と赤い機体色を与えられた。
後に『機動戦士ガンダムUC』にて映像作品でも登場した。


メタス改

メカニックデザイン企画『Ζ-MSV』において設定された、カラバの試作可変MS。
メタスの基本フレームをカラバに供与して開発された。背部ユニットの先端に大口径のハイメガキャノンを装備し、弱点だった火力の不足を補うことに成功している。背部ユニットを前方に倒せばMS形態時にもハイメガキャノンの水平射撃を行うこともできる。一部のゲーム等ではデフォルメ再現されてはいるものの、MA形態の設定画が存在しない。

aou239.jpg



メタス・マリナー

アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する予定だった[3]、エゥーゴの試作型水陸両用可変MS。カトキハジメのMSデザインのデビューとなる予定でもあった。
第一次ネオ・ジオン抗争時、アクシズによる地球降下作戦に対抗するため、エゥーゴも地球降下からそのまま拠点制圧を目的としたMSの開発を急いだ。そこで大気圏突入からそのまま水中戦に移行できるMSとしてメタスを改良し、水中用装備を施されたのがメタス・マリナーである。大気圏突入には機体下部に専用のフライングアーマーを装着し、着水後はボートとしても利用でき、排除することで潜水を行う。頭部はバイザータイプのものに換装され胸部の張り出しがないものに変更された。背部には大型ハイドロシステムを装備し水中では高い運動性を誇る。股間部および脚部リアアーマーには計3基のスタビライザーが設置されている。爪先部にはセンサーが増設され、整流を考慮した形状に変更されている。



お買いものに困ったら、こちらのサイトがおススメ→「やっぱ〇〇でしょ!」

やっす!中古なら1000円しない!















あみあみ フィギュア特集



posted by へい!じゅどー at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | モビルスーツ(連邦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。