全国の、ルー・ルカを応援します 362987.jpg

2013年07月23日

ズサ プチデータ UCや∀にも登場する機体






私のメインHPです。よろしければご覧ください⇒「らす★りぞ FFXI&イラスト」


ズサ
(記事・文章はウィキペディアより抜粋、編集しております)


zssa.jpg

b9034dc5953b9c1f.png

ガルスJと連携して作戦を遂行することを前提に開発され、グリプス戦役後、ネオ・ジオンが本格的な地球圏侵攻作戦発動に合わせて、マシュマー・セロによって実戦試験が行われた。

小説『機動戦士ガンダムUC』では、テニスン艦隊でジオン風のグリーンへの再塗装・袖付きの装飾の付加が施され、稼動している。

1932.jpg

1/144 AMX-102 ズサ (機動戦士ガンダムZZ)
(アマゾン購入、記事はコチラ ⇑ ⇑ ⇑)


985dd0920ea0e3ade41c2210.L.jpg
c472d0920ea0f3ade41c2210.L.jpg





スクリーンショット (170).png
スクリーンショット (171).png

第一次ネオ・ジオン抗争時に投入されたMSの中では小型な機体の部類に入るが、その背面には本体よりも巨大な追加装備(後述)を装着する。近接戦闘用であるガルスJに対し、面制圧による中距離支援を行うことを主目的としており、全身(腕部、胸部、脚部)にミサイル、腹部に高出力の拡散ビーム砲を内蔵している。さらに背面には大量のミサイルポッドを搭載した専用の大型ブースターユニットを装着し、全身火器の塊となる。中距離支援の他にもブースターユニットの大推力を活用した一撃離脱戦法による強襲攻撃や爆撃、拠点防衛など、終戦に至るまで多岐に渡り運用された。カラーリングは通常のイエローの物とグレミー軍仕様のグレーの二種類が存在しており、第46話ではバウ用のビームライフルを装備している機体が一瞬だけ登場している。
なお、脚部にビームサーベルを格納しており、ブースターユニットを切り離すことで白兵戦にも対応できる。


ZSSA
型式番号 AMX-102
所属 ネオ・ジオン
建造 ネオ・ジオン
生産形態 量産機
頭頂高 15.0m
本体重量 23.7t
全備重量 74.5t
出力 1,820kW
推力 17,300kg×2(ブースター上側)
32,400kg×1(ブースター中央)
26,700kg×2(ブースター外側)
(総出力)120,400kg
センサー
有効半径 10,800m
装甲材質 ガンダリウム合金
武装 ビームサーベル(出力0.62MW)
ビームライフル(バウと同型)
ミサイル・ポッド
多連装ミサイル×6
連装ミサイル
拡散ビーム砲(出力7.64MW)
30mmバルカン×2



おまけ:バリエーション

ズサ・カスタム(ズサ・改)
漫画『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』に登場する、カラードの汎用MS。

ズサカスタム.jpg

過激派組織NSPに分類される一組織「カラード」にて運用された。改修は格闘戦能力を強化し汎用MSに仕立て上げる目的で行われ、ベース機の特徴であった本体、腕部、脚部に装備されたミサイル群を撤去し、武装は腕部マウント式速射ビーム砲「ガン・スピア」およびビーム兵器中心のブースターとした。




ズサ・ダイン
漫画『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』に登場するネオ・ジオンの格闘戦用MS。

ズサ・ダイン.jpg

ズサの開発チームにより格闘戦用にズサを再設計した機体。







ズサン
アニメ『∀ガンダム』に登場するギンガナム艦隊の発掘MS。

241px-G-m2f.gif

劇中では月面残存部隊において6機(有人2、無人4)が地球に向けて出発準備を進めるディアナ派の足止めに使用された。
ズサンは第46話コンテチェックの段階で、ネタが足りないということで急遽作られたMSである。3日くらいで仕上げられるメカは何かないか? という中で、「ただビームとミサイルを撃つだけではつまらない、ズサだったら何かできるんじゃないか」ということで選択され、さらにワイヤーやアームパンチといったアイデアを付け加えられて完成した。


基本無料、PC「機動戦士ガンダムオンライン」の記事はコチラ







DMM Makers 新規ユーザー獲得プロモーション
posted by へい!じゅどー at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | モビルスーツ(ネオジオン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

第6話 ズサの脅威 ズサ登場! アクションシーンもみどころ満載






私のメインHPです。よろしければご覧ください⇒「らす★りぞ FFXI&イラスト」


※とりあえず、改めて、
ZZを一話ずつ(気長に)視聴していきます。
簡単な解説・レビューだと思って読んでください。
思いついたら追記もしていきます。
思い入れのある話など、ご意見、ご感想などおよせください。



あくまで、個人の感想です。
特に、「初代」「Z」を通して観てきて、
「ZZ」は知らない、という方に興味を持っていただきたい
という趣旨がありますので、
面白おかしく伝えることもありますがご了承ください。




第一話の記事は→こちら
第二話の記事は→こちら
第三話の記事は→こちら
第四話の記事は→こちら
第五話の記事は→こちら 



第6話 ズサの脅威

今回はみどころも満載!
スクリーンショット (127).png




アーガマ討伐のため、エンドラをコロニー内部に
進入させたいマシュマーは、サイド1の「お偉いさん」
に交渉を持ちかけるが、
スクリーンショット (129).png
「見積書」などの難しい交渉は苦手なようで、
大人の交渉はゴットンが引き受けることに。

まあ、マシュマー、実はこの時、なんと18歳だから、
しょうがないっちゃ、しょうがないか。


スクリーンショット (130).png
マシュマーの回想ハマーン。
「型にはまらないこともある。きれい事では済まないこともあるぞ」




スクリーンショット (133).png
ジュドーたちは、アーガマで、ご飯を食べさせてもらっていた。


スクリーンショット (132).png
それをジッとみつめる、シンタとクム…。
個人的には、ここからは重要なシーンだと思う。


スクリーンショット (136).png
ブライトさん
「良かったら、アーガマがこのコロニーを出るまで、うちで働かないか?」
アーガマ(エゥーゴも)は、相当、人手不足だな、ということが印象づく。


スクリーンショット (135).png
みんなが乗り気になっているところ、
ジュドーはひとり反対する。
「こき使われるのは嫌だ!俺はその日働いた分だけ、お金が欲しいんだ」
ファ
「じゃあ、今、食べた分だけは働いていきなさいよ!」


スクリーンショット (138).png
カチンときたジュドー。
「みんな、食べるのをやめろ!」


スクリーンショット (139).png
ファが、ジュドーに平手打ち!


スクリーンショット (140).png
涙しながら、訴える、ファ。
「わたしたちが、いつもこんな贅沢な物、食べてると思ってるの!?」


スクリーンショット (141).png
それを聞いて、話のわからないジュドーではない。
思わず、ハッとする。


スクリーンショット (142).png
食べ物を拾うシンタとクム。

細かく紹介したが、こういう生活感レベルでの話が、
「ガンダム」では重要なことではないだろうか。

私は、少しだけ、初代ガンダムでの、
「老人が、子供の食事をくすねるシーン」
を思い出してしまった。





スクリーンショット (143).png
気まずくなり、外に飛び出たジュドー。
そこで、なぜか、マシュマーの気配を感じる。
ニュータイプの資質か…?!


スクリーンショット (144).png
新型MS、ズサ登場!
マシュマーはZガンダム討伐のため、ひとりで出る。
勇敢ではあるのだが、
何でも自分でやろうとするところが、まだ若いリーダー、という感じだ。


スクリーンショット (147).png
ズサが町に出現したことを知った、ファは、
病院にいるカミーユの身を案じ、壊れたメタスで緊急発進する。


スクリーンショット (148).png
アストナージは不満をぶつける。
「なぜ、あのジュドーを目にかけるんですか!」
ブライト
「あの子はニュータイプかもしれん」
長年、エースを見てきた、ブライトの勘。


スクリーンショット (150).png
俺だって、Zは使える!
と、Zガンダムに乗り、発進するアストナージ。
大人の意地っていうのもありますよね(笑)
私も40過ぎたので、痛いほどわかります。


スクリーンショット (151).png
しかし、新型MSズサにはかなわないアストナージのZ。
やっぱり、Zは相当、じゃじゃ馬なんでしょうかね?


スクリーンショット (154).png
ここで、初めて、ファが、ジュドーにカミーユのことを話す。


スクリーンショット (155).png
「カミーユという少年が世界を救うために戦ったわ」
重い言葉である。結構、重要なシーン。


スクリーンショット (156).png
仲間からも説得され、Zに再度乗ることにするジュドー。


スクリーンショット (158).png
「食わせてもらったご飯分だけだからな!」





<みどころ!>
スクリーンショット (159).png
残骸に隠れていたZが飛び出すところ。
なかなか、カッコイイ!


スクリーンショット (160).png
ガザC、一機、撃破!はやい!


スクリーンショット (161).png
<みどころ>
すかさず、飛び出して来た、もう一機のガザCをオーバーヘッドキック!
ジュドーの機転がすばらしい。


スクリーンショット (162).png
邪魔になるミサイルポッドを外す、マシュマーのズサ。


スクリーンショット (164).png
空中から襲ってきたガザCを、間一髪で避けるZ!


スクリーンショット (165).png
…と、
そのガザCを抱きかかえながら、きりもみ急上昇するZ!
しかも、頭部バルカンを近距離で撃ちまくりながら!
ここは、すごくかっこいいシーンなんです。

スクリーンショットが、わかりづらいのは、大変申し訳ない。


スクリーンショット (168).png

スクリーンショット (169).png

スクリーンショット (170).png

ハマーン様から頂いた薔薇が折れてしまい、
怒り狂うマシュマー。ミサイルを撃ちまくる。Zを殴る、殴る!
カッとなると、つい騎士道精神を見失ってしまう。


スクリーンショット (171).png
マシュマーの怒りが、ジュドーを追い詰める!
「とどめだ!Z!」
ズサは、かなり高機動のようだ。


スクリーンショット (173).png

スクリーンショット (172).png
そこへ、ファのメタスが、最後の力を振り絞って、
ズサに突進!!
いいですね、燃えますね、こういうの!


スクリーンショット (174).png
無事、帰還するジュドー。




いや、今回はみどころがありました。

徐々にジュドーたちの心が揺れ動く描写、
白熱の戦闘シーンなど。

フィルムコミックとまでは行きませんが、
これで「ZZ」を観たことがない方が、
少しでも興味を持って頂けたら、幸いです^^

ありがとうございました。


今回のベスト☆ショット
スクリーンショット (157).png
頑固なジュドーを説得する、エル。
「みそこなったねw ジュドーw」
なんか、いいですよね、この二人。






〇もし劇場版になったら(妄想ですよ)

今回の、「食べ物のシーン」は、
いろんなものを含めて、重要なシーンのような気がします。

戦闘シーンも、おちゃらけた感じが少なく、
かなり使えるような感じでしたね。



アマゾン紹介⇒ダブルゼータDVD 第2巻に収録







中古、やっす!
ZZ・DVD第一巻


ZZ・DVD第二巻








お買いものに困ったら⇒「とりあえず〇〇でしょ!」

キャラ&ホビー格安あみあみ



































posted by へい!じゅどー at 21:44| Comment(1) | TrackBack(0) | ZZを最初から観てみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

ガザC プチデータ






私のメインHPです。よろしければご覧ください⇒「らす★りぞ FFXI&イラスト」


ガザC
(記事・文章はウィキペディアより抜粋、編集しております)

amx-003.gif
Amx-003-ma.jpg

一年戦争の終結時、アステロイドベルトに逃げ延びたジオン公国軍残党は、小惑星アクシズ内部の施設拡充およびその居住施設モウサの建造に際して作業用MSのガザA、ガザBを開発した。
アクシズの地球圏への帰還の決定とほぼ前後して、これらガザシリーズを戦闘用に発展させ、生産ラインを流用して大量に生産、暫定的に軍事力を増強することとなった。
そのため、本機は旧ジオン公国軍製MSとは異なる開発コンセプトとなっている。
簡易ながら可変機能を持つため、第3世代MSに属する。






fbbbd0920ea0e20221741210.L.jpg

HGUC 1/144 AMX-003 ガザC (機動戦士Zガンダム)
(アマゾン購入の際はこちら ⇑⇑⇑)







スクリーンショット (102).jpg

型式番号 AMX-003 (MMT-1)
所属 ネオ・ジオン(アクシズ)
製造 ネオ・ジオン宇宙要塞アクシズ構内工廠
生産形態 量産機
全高 22.5m
頭頂高 18.3m
本体重量 40.8t
全備重量 72.5t
出力 1,720kW
推力 30,800kg×2(背部)
(総推力)79,200kg
センサー
有効半径 10,600m
装甲材質 ガンダリウム合金
武装 ナックルバスター(出力6.7MW)
ビーム・ガン(出力2.3MW)
ビームサーベル(出力0.4MW)×2








劇中での活躍
TV版『機動戦士Ζガンダム』第32話にて、アステロイドベルトから地球圏に戻ってきた「アクシズ」の主力量産MSとして登場。
その物量でティターンズ艦隊を圧倒した。
その際、ハマーン・カーンも本機で出陣している。

劇場版『機動戦士ΖガンダムII -恋人たち-』では、ハマーンの専用機として白と紫を基調としたカラーリングの機体が登場した。

『機動戦士ガンダムΖΖ』でも実戦運用が続いており、新兵時代のグレミー・トトも搭乗した。

雑誌企画『ガンダム・センチネル』ではグワダン級戦艦グワレイを旗艦とする艦隊の所属機としてガザEと共に登場。劇中では「カエサル」と呼ばれている。

『機動戦士ガンダムUC』では、ジオンカラーに再塗装・袖付きの装飾が施され、「袖付き」の拠点衛星パラオで移動砲台的に使われた他、テニスン艦隊の戦力として稼動している。

1318147315953182600+68.jpg


HGUC 1/144 AMX-003 ハマーン・カーン専用 ガザC (機動戦士Zガンダム)
(アマゾン購入の際はこちら ⇑⇑⇑)




MS IN ACTION!! ガザC(ハマーンVer.)
(アマゾン購入の際はこちら ⇑⇑⇑)








デザインを担当した小林誠は、本機を10mくらいの小型MSと考え、搭乗者はコクピットにほとんど押し込まれるような形で乗っているという想定を行なったが、これは劇中には活かされなかった。





オマケ:バリエーション

ガザタイプ試作型:『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』に登場する、アクシズの作業用MS。

(ダブルゼータのキャラデザイン北爪 宏幸氏が著作)



ガザA
設定のみ存在する作業用MS(型式番号:AMX-001)。



ガザB
作業用MSであった「ガザA」を改造し、簡易な武装を施した可変MS(型式番号:AMX-002)。
ガザシリーズの原型となった。
『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』に登場するにあたり福地仁によって武装した可変MSとして画稿が起こされたが、本編登場には至らなかった。
Amx-002.jpg



ガザC改
『ダブルフェイク アンダー・ザ・ガンダム』に登場。カラードが改修したガザC(型式番号:AMX-003S)。
ベース機の弱点であったMA形態での視界の向上を目的として、コクピットが腹部から機首に移設された。これによりMA形態で有視界行動を行うことが可能となった。また機首のビーム砲が可動するようになり、MS形態時でも使用可能になった。
DSC02971.JPG






ガザD
ガザDは、一定の評価を得たガザC発展・改良型であり、特有の簡易可変機能をそのまま受け継いでいるため、全体のシルエットはガザCと類似している。
非力だったジェネレーターは強化され、機動力が向上。武装面も強化され、全体的な火力や白兵戦能力も向上している。
第一次ネオ・ジオン抗争初期に投入、大戦末期まで一般兵用として多数投入された。宇宙世紀0096年時にもネオ・ジオン残党軍「袖付き」の間で運用されている。

241px-Amx-006.gif

5a24a1909fa018acb1b21210.L.jpg


1/144 AMX-006 ガザD (機動戦士ガンダムZZ)
(アマゾン購入の際はこちら ⇑⇑⇑)


『機動戦士ガンダムΖΖ』序盤に、マシュマー・セロ麾下の「ガザの嵐隊」の乗機として登場。ファ・ユイリィの駆るΖガンダムに挑み、煙幕コンビネーション「ガザ・ストーム」などで見せ場は作るが、Ζガンダムのパイロットがジュドー・アーシタに交替した後に撃退される。その後もガザDは劇中を通して一般兵用MSとして登場した。
ムーン・ムーンではキャラ・スーンによって放たれた矢が腰にあたり、当たった部分をマニピュレーターで掻くという人間臭いしぐさを見せていた。

生産形態: 量産機
頭頂高: 17.0m
全備重量: 68.4t
武装: ビーム・サーベル×2
ミサイル・ランチャー×4
ナックル・バスター
ビーム砲×2
乗員人数: 1







お買いものに困ったら⇒「とりあえず〇〇でしょ!」

キャラ&ホビー格安あみあみ










posted by へい!じゅどー at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | モビルスーツ(ネオジオン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。